『少女不十分』が読破出来たので、引き続き西尾維新に取り組む。

傾物語なのですが、物語シリーズの中で一番楽しく読めたのですが、作者の文章に慣れただけでしょうか? バトルもなかったけど、とても楽しかった。間髪入れずに次の花物語に突入しようと思えた。
d0221068_11214771.jpg

[PR]
春から台湾からやって来ているレオ君と先週飲みました。
d0221068_20411244.jpg
今年は語学を学んで、来年から音楽学校に行くそう。仕事しながら勉学に励む姿に感動したので、磯丸水産奢りましたよ!! 慣れない異国でいろいろ大変だろうけど、頑張ってほしい。

[PR]
西尾維新の『少女不十分』読み終えました。
d0221068_12022500.jpg

「この本を書くのに10年かかった」とありますが、読むのにも2年かかりました。
どうしても入っていけない語り口調が引っ掛かって途中何度も中断し、また読み始めることを繰り返してようやく。

言い回しが遠回り過ぎるのは作者特有の持ち味なのだっろうが、カッコ書きでセルフ突っ込みというか「10年後の僕だったら云々」というくだりがホント辛い。全く進展しないテンポの悪さには苛立ちすら覚えますが、ページの1/3くらいを通過することが出来れば一気にグイグイ引き込まれていく。そこまで行き付くのに2年という歳月。個人的に非常に労力がかかりました。

今までカッコ書き文章というのは美しいとは思ってなかったのですが、これ読んだおかげでここ数カ月の自分の原稿にも知らぬうちカッコ書きが現れ始めました。影響は怖いな。

あとこの表紙はそのまま部屋に置くにはちょっと問題があるなぁと思うのですがどうか。本屋でも手に取り難いのではないか?

でもまあ、お話としては面白かったです。最初の1/3の労力を覗けば!

[PR]
ゼロの使い魔21読み終わりました。
d0221068_23080412.jpg
20巻からしばらく経っていたことと、登場人物が多くて少々困惑する部分もあったのですが。いよいよ残るはラスト22巻。

ここまで長いのを読んだのはゼロ使いだけですわ。

[PR]
1月に慎さんGAOさん将軍さんと呑んだときに、慎さんが台湾ぴちぴちピッチ事情を事細かに教えてくれるわけですよ。その後、台湾に戻った後もLINEでCD発見レポートなど。

そういえば人魚モノ読んだなぁと思っていたのがこちら。
「おしえて!マーメイド」
d0221068_20224462.jpg
ゼロ使いがお好きな人は兎塚エイジの挿し絵にそそられることでしょうが、肝心の内容は…。本篇に出ない無駄な深海魚設定が一番面白かったです。

[PR]